第9部処置-第1節処置料(一般処置)-J042腹膜灌流(1日につき)

1 連続携行式腹膜灌流
330点

注1 導入期14日に限り1日につき100点を加算する。

2 区分番号C102に掲げる在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定している患者に対して行った連続携行式腹膜灌流の費用は算定しない。

2 その他の腹膜灌流
1,100点


(1) 腹膜灌流における導入期とは、継続して連続携行式腹膜灌流を実施する必要があると判断され、当該処置の開始日より14日間をいうものであり、再開の場合には算定できない。

(2) 区分番号「C102」に掲げる在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定する患者(これに係る在宅療養指導管理材料加算、薬剤料又は特定保険医療材料料のみを算定している患者を含み、入院中の患者を除く。)については、腹膜灌流(連続携行式腹膜灌流に限る。)の費用は別に算定できない。ただし、薬剤料又は特定保険医療材料料は別に算定できる。

0 件のコメント: