第3部検査-第3節生体検査料-耳鼻咽喉科学的検査-D250平衡機能検査

1 標準検査(一連につき)
20点

2 刺激又は負荷を加える特殊検査(1種目につき)
120点

3 頭位及び頭位変換眼振検査
 150点

4 電気眼振図(誘導数にかかわらず一連につき)
 イ 皿電極により4誘導以上の記録を行った場合
 400点
 ロ その他の場合
 260点

5 重心動揺計、下肢加重検査、フォースプレート分析、動作分析検査
250点

注 5について、パワー・ベクトル分析を行った場合には200点、刺激又は負荷を加えた場合には1種目につき120点を加算する。


(1) 「1」の標準検査とは、上肢偏倚検査(遮眼書字検査、指示検査、上肢偏倚反応検査、上肢緊張検査等)、下肢偏倚検査(歩行検査、足ぶみ検査等)、立ちなおり検査(ゴニオメーター検査、単脚起立検査、両脚起立検査等)、自発眼振検査(正面、右、左、上、下の注視眼振検査、異常眼球運動検査、眼球運動の制限の有無及び眼位検査を含む検査)をいい、一連の検査につき、その数にかかわらず、所定点数により算定する。

(2) 「2」の刺激又は負荷を加える特殊検査とは、次に掲げるものをいい、それぞれ検査1回につき所定点数により算定する。
 ア 温度眼振検査(温度による眼振検査)
 イ 視運動眼振検査(電動式装置又はそれに準じた定量的方法により刺激を行う検査)
 ウ 回転眼振検査(電動式装置又はそれに準じた定量的方法により刺激を行う検査)
 エ 視標追跡検査
 オ 迷路瘻孔症状検査

(3) 「3」の頭位及び頭位変換眼振検査は、フレンツェル眼鏡下における頭位眼振及び変換眼振検査をいい、一連の検査につき、その数にかかわらず、所定点数により算定する。

(4) 「4」の電気眼振図を区分番号「D278」眼球電位図(EOG)と併せて行った場合は、主たる検査の所定点数のみを算定する。

(5) 重心動揺計
 ア 「5」の重心動揺計は、荷重変動を測定する検出器とこの荷重信号を記録・分析するデータ処理装置から成る装置を用いて、めまい・平衡障害の病巣診断のために行うものである。
  本検査は、当該装置を用いて、重心動揺軌跡を記録し、その面積(外周・矩形・実効値面積)、軌跡長(総軌跡長・単位軌跡長・単位面積軌跡長)、動揺中心変位、ロンベルグ率を全て計測した場合に算定するものである。
  なお、本検査は、「1」の標準検査を行った上、実施の必要が認められたものに限り算定するものである。
 イ 「注」のパワー・ベクトル分析を行った場合の加算は、記録された重心動揺軌跡のコンピューター分析を行い、パワー・スペクトル、位置ベクトル、速度ベクトル、振幅確率密度分布を全て算出した場合に算定する。
 ウ 「注」の刺激又は負荷を加えた場合の加算は、電気刺激、視運動刺激、傾斜刺激、水平運動刺激、振動刺激等姿勢反射誘発を加えて本検査を行った場合に1種目ごとに算定する。

0 件のコメント: