第3部検査-第4節診断穿刺・検体採取料-D415経気管肺生検法

3,300点


(1) 経気管肺生検法と同時に行われるエックス線透視に係る費用は、当該検査料に含まれる。
  また、写真診断を行った場合は、フィルム代のみ算定できるが、撮影料、診断料は算定できない。

(2) 経気管肺生検法は、採取部位の数にかかわらず、所定点数のみ算定する。

(3) 区分番号「D302」に掲げる気管支ファイバースコピーの点数は別に算定できない。

(4) 超音波気管支鏡(コンベックス走査方式に限る。)を用いて検査を行った場合は、区分番号「D215」超音波検査の所定点数を併せて算定する。

0 件のコメント: