第3部検査-第1節検体検査料-第1款検体検査実施料(微生物学的検査)-D023微生物核酸同定・定量検査

1 白血球中細菌核酸同定検査(1菌種あたり)
130点

2 淋菌核酸同定検査、クラミジアトラコマチス核酸同定検査
210点

3 HBV核酸定量検査
290点

4 淋菌及びクラミジアトラコマチス同時核酸増幅同定精密検査
300点

5 DNAポリメラーゼ
310点

6 HCV核酸同定検査
360点

7 抗酸菌群核酸同定精密検査、結核菌群核酸増幅同定検査
410点

8 マイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸同定精密検査
430点

9 HCV核酸定量検査、血清中のHBVプレコア変異及びコアプロモーター変異遺伝子同定検査、ブドウ球菌メチシリン耐性遺伝子同定検査、SARSコロナウイルス核酸増幅検査
450点

10 HIV―Ⅰ核酸定量検査
520点

注 検体の超遠心による濃縮前処理を加えて行った場合は、130点を加算する。

11 結核菌群リファンピシン耐性遺伝子同定検査
550点

12 HIV―ジェノタイプ薬剤耐性検査
6,000点


(1) 微生物核酸同定・定量検査における精密検査は、核酸ハイブリダイゼーション法によるものであり、「7」の抗酸菌群核酸同定精密検査においては、マイクロプレート・ハイブリダイゼーション法によるものをいう。

(2) クラミジアトラコマチス核酸同定検査
 ア 「2」のクラミジアトラコマチス核酸同定検査と区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「20」のクラミジアトラコマチス抗原精密測定を併用した場合は、主なもののみ算定する。
 イ クラミジアトラコマチス核酸同定検査は、PCR法、LCR法又はSDA法による。クラミジアトラコマチス核酸同定検査は、泌尿器、生殖器又は咽頭からの検体によるものである。なお、SDA法においては咽頭からの検体も算定できる。

(3) 淋菌核酸同定検査
 ア 「2」の淋菌核酸同定検査、区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「21」の淋菌同定精密検査又は区分番号「D018」細菌培養同定検査を併せて実施した場合は、主なもののみ算定する。
 イ 淋菌核酸同定検査は、DNAプローブ法、LCR法による増幅とEIA法による検出を組み合わせた方法、PCR法による増幅と核酸ハイブリダイゼーション法による検出を組み合わせた方法又はSDA法による。淋菌核酸同定検査は、泌尿器、生殖器又は咽頭からの検体によるものである。ただし、男子尿を含み、女子尿を含まない。なお、SDA法においては咽頭からの検体も算定できる。

(4) 「3」のHBV核酸定量検査は、分岐DNAプローブ法、TMA法又はPCR法による。

(5) 淋菌及びクラミジアトラコマチス同時核酸増幅同定精密検査
 ア 「4」の淋菌及びクラミジアトラコマチス同時核酸増幅同定精密検査は、クラミジア・トラコマチス感染症若しくは淋菌感染症が疑われる患者又はクラミジア・トラコマチスと淋菌による重複感染が疑われる患者であって、臨床所見、問診又はその他の検査によっては感染因子の鑑別が困難なものに対して治療法選択のために実施した場合及びクラミジア・トラコマチスと淋菌の重複感染者に対して治療効果判定に実施した場合に算定できる。
  ただし、区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「21」の淋菌同定精密検査、同区分「20」のクラミジアトラコマチス抗原精密測定、本区分「2」の淋菌核酸同定検査又はクラミジアトラコマチス核酸同定検査を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。
 イ 「4」の淋菌及びクラミジアトラコマチス同時核酸増幅同定精密検査は、TMA法による同時増幅法並びにHPA法及びDKA法による同時検出法、PCR法による同時増幅法及び核酸ハイブリダイゼーション法による同時検出法又はSDA法による。淋菌及びクラミジアトラコマチス同時核酸増幅同定精密検査は、泌尿器又は生殖器からの検体によるものである。ただし、男子尿は含み、女子尿は含まない。なお、SDA法においては咽頭からの検体も算定できる。

(6) HCV核酸同定検査
 ア 「6」のHCV核酸同定検査はPCR法又はTMA法により、C型肝炎の治療方法の選択及び治療経過の観察に用いた場合にのみ算定できる。
 イ 治療方法の選択の場合においては、抗体陽性であり、かつ、「9」のHCV核酸定量検査で検出限界を下回る者について実施した場合に算定できるものとし、治療経過の観察の場合においては、本検査と「9」のHCV核酸定量検査を併せて実施した場合には、いずれか一方に限り算定する。

(7) 「7」の抗酸菌群核酸同定精密検査は、結核患者の退院の可否を判断する目的で、患者の病状を踏まえ頻回に行われる場合においても算定できる。

(8) 「7」の結核菌群核酸増幅同定検査は、核酸増幅と液相ハイブリダイゼーション法による検出又はLCR法による核酸増幅とEIA法による検出を組み合わせた方法による。
  なお、結核患者の退院の可否を判断する目的で、患者の病状を踏まえ頻回に行われる場合においても算定できる。

(9) マイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸同定精密検査
 ア 「8」のマイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸同定精密検査は、他の検査により結核菌が陰性であることが確認された場合のみに算定できる。
 イ 区分番号「D021」抗酸菌同定検査が併せて実施された場合にあっては、主なもののみ算定する。

(10) HCV核酸定量検査
 ア 「9」のHCV核酸定量検査は、分岐DNAプローブ法又はPCR法により、C型肝炎の治療法の選択及び治療経過の観察に用いた場合にのみ算定できる。
 イ 治療経過の観察の場合において、「9」のHCV核酸定量検査及び「6」のHCV核酸同定検査を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。

(11) 血清中のHBVプレコア変異及びコアプロモーター変異遺伝子同定検査
 ア 「9」の血清中のHBVプレコア変異及びコアプロモーター変異遺伝子同定検査は、下記「イ」又は「ウ」に掲げる患者に対し、PCR法により測定した場合に限り算定できる。
 イ B型急性肝炎患者に対しては、劇症肝炎が疑われる場合に限り、患者1人につき1回算定できる。
 ウ B型慢性肝炎患者に対しては、経過観察中にALT異常値などにより肝炎増悪が疑われ、かつ、抗ウイルス薬等のB型肝炎治療薬の投与対象患者の選択のために行われた場合に限り算定できる。なお、本検査実施以降は、区分番号「D013」肝炎ウイルス関連検査のうちB型肝炎に関する検査(ただし抗ウイルス薬等のB型肝炎治療薬の治療効果判定に用いる検査を除く。)は、算定できない。

(12) 「9」のブドウ球菌メチシリン耐性遺伝子同定検査は、ED-PCR法又はPCR法により、血液培養により黄色ブドウ球菌が検出された患者を対象として測定した場合又は免疫不全状態であって、MRSA感染症が強く疑われる患者を対象として測定した場合のみ算定できる。

(13) SARSコロナウイルス核酸増幅検査
 ア 「9」のSARSコロナウイルス核酸増幅検査は、LAMP法により測定した場合に限り算定できる。
 イ 「9」のSARSコロナウイルス核酸増幅検査は、糞便又は鼻腔咽頭拭い液からの検体により行うものである。
 ウ 本検査は、「感染症法に基づく医師から都道府県等への届出のための基準の改正について」(平成15年11月5日健感発第1105006号)による臨床的特徴、届出基準によりSARS感染症の患者であることが強く疑われる者に対して行った場合に、診断の確定までの間に1回を限度として算定する。ただし、発症後10日以内に他疾患であるとの診断がつかない場合は、さらに1回に限り算定できる。

(14) HIV-Ⅰ核酸定量検査
 ア 「10」のHIV-Ⅰ核酸定量検査はPCR法と核酸ハイブリダイゼーション法を組み合わせた方法により、HIV感染者の経過観察に用いた場合又は区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「15」のHIV-1抗体価又は「16」のHIV-1,2抗体価が陽性の場合の確認診断に用いた場合にのみ算定する。
 イ HIV-Ⅰ核酸定量検査と区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「28」のHIV-1抗体価精密測定を併せて実施した場合は、それぞれを算定することができる。

(15) 結核菌群リファンピシン耐性遺伝子同定検査
 ア 「11」の結核菌群リファンピシン耐性遺伝子同定検査は、同時に結核菌を同定した場合に限り算定する。
 イ 「11」の結核菌群リファンピシン耐性遺伝子同定検査は、「7」の結核菌群核酸増幅同定検査を併用した場合は、主たるもののみ算定する。

(16) 「12」のHIV-ジェノタイプ薬剤耐性検査は、抗HIV治療の選択及び再選択の目的で行った場合に、3月に1回を限度として算定できる。

0 件のコメント: