第2部在宅医療-第1節在宅患者診療・指導料-C009在宅患者訪問栄養食事指導料

1 在宅での療養を行っている患者(居住系施設入居者等を除く。)の場合
530点

2 居住系施設入居者等である患者の場合
450点

注1 1については、在宅での療養を行っている通院が困難な患者(居住系施設入居者等を除く。)であって、別に厚生労働大臣が定める特別食を必要とするものに対して、2については、居住系施設入居者等である通院が困難な患者であって、別に厚生労働大臣が定める特別食を必要とするものに対して、診療に基づき計画的な医学管理を継続して行い、かつ、管理栄養士が訪問して具体的な献立によって実技を伴う指導を行った場合に、月2回(同一の患者について、1及び2を併せて算定する場合において同じ。)に限り算定する。
 
 2 在宅患者訪問栄養食事指導に要した交通費は、患家の負担とする。


(1) 在宅患者訪問栄養食事指導料は、在宅での療養を行っている患者であって、疾病、負傷のために通院による療養が困難な者について、医師が当該患者に特掲診療料の施設基準等に規定する特別食を提供する必要性を認めた場合であって、当該医師の指示に基づき、管理栄養士が患家を訪問し、患者の生活条件、し好等を勘案した食品構成に基づく食事計画案又は具体的な献立を示した栄養食事指導せんを患者又はその家族等に対して交付するとともに、当該指導せんに従った調理を介して実技を伴う指導を30分以上行った場合に算定する。

(2) 在宅患者訪問栄養食事指導料の「1」は、在宅での療養を行っている患者(居住系施設入居者等である患者を除く。)に対して、「2」は居住系施設入居者等に対して必要な訪問栄養食事指導を行った場合に算定する。

(3) 「注2」に規定する交通費は実費とする。

(4) 上記以外の点に関しては、区分番号「B001」の「9」外来栄養食事指導料における留意事項の例による。

0 件のコメント: