第2部入院料等-第2節入院基本料等加算-A205-3妊産婦緊急搬送入院加算(入院初日)

5,000点

注 産科又は産婦人科を標榜する保険医療機関であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出たものにおいて、妊娠状態の異常が疑われ緊急用の自動車等で緊急に搬送された妊産婦を入院させた場合に、当該患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、妊産婦緊急搬送入院加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)につ
いて、入院初日に限り所定点数に加算する。


(1) 次に掲げる場合(当該妊娠につき、直近3か月以内に当該加算を算定する保険医療機関への受診歴のある患者が緊急搬送された場合を除く。)において受け入れた妊産婦が、母体及び胎児の状態により緊急入院の必要があり、医療保険の対象となる入院診療を行った場合に入院初日に限り算定する。なお、ここでいう入院初日とは、第2部通則5に規定する起算日のことをいい、入院期間が通算される再入院の初日は算定できない。
 ア 妊娠に係る異常が疑われ、救急車等により当該保険医療機関に緊急搬送された場合
 イ 他の医療機関において、妊娠に係る異常が認められ、当該保険医療機関に緊急搬送された場合
 ウ 助産所において、妊娠に係る異常が疑われ、当該保険医療機関に緊急搬送された場合

(2) (1)において、受診歴とは妊婦健診及び往診等による受診を含むものである。ただし、(1)のウの場合において、当該保険医療機関が当該助産所の嘱託医療機関である場合又は当該保険医療機関の保険医が当該助産所の嘱託医である場合においては、嘱託医療機関又は嘱託医が実施した妊婦健診は、受診歴に含まない。なお、この場合においては、嘱託医療機関であること又は嘱託医の氏名を診療録に記載すること。

(3) 妊産婦とは産褥婦を含む(以下この節において同じ。)。

0 件のコメント: