第2部入院料等-第1節入院基本料-A108有床診療所入院基本料(1日につき)

1 有床診療所入院基本料1
 イ 7日以内の期間 810点
 ロ 8日以上14日以内の期間 660点
 ハ 15日以上30日以内の期間 490点
 ニ 31日以上の期間 450点

2 有床診療所入院基本料2
 イ 7日以内の期間 640点
 ロ 8日以上14日以内の期間 480点
 ハ 15日以上30日以内の期間 320点
 ニ 31日以上の期間 280点

注1 有床診療所(療養病床に係るものを除く。)であって、看護配置その他の事項につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た診療所である保険医療機関に入院している患者について、当該基準に係る区分に従い、それぞれ所定点数を算定する。

2 夜間の緊急体制確保につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た診療所である保険医療機関に入院している患者については、夜間緊急体制確保加算として、1日につき所定点数に15点を加算する。

3 医師配置につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た診療所である保険医療機関に入院している患者(有床診療所入院基本料1を現に算定している患者に限る。)については、1日につき所定点数に60点を加算する。

4 看護配置につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た診療所である保険医療機関に入院している患者(有床診療所入院基本料1を現に算定している患者に限る。)については、当該基準に係る区分に従い、次に掲げる点数をそれぞれ1日につき所定点数に加算する。
 イ 看護配置加算1 10点
 ロ 看護配置加算2 15点
 ハ 夜間看護配置加算1 30点
 ニ 夜間看護配置加算2 50点

5 当該診療所においては、第2節の各区分に掲げる入院基本料等加算のうち、次に掲げる加算について、同節に規定する算定要件を満たす場合に算定できる。
 イ 救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算
 ロ 超急性期脳卒中加算
 ハ 妊産婦緊急搬送入院加算
 ニ 在宅患者緊急入院診療加算
 ホ 診療録管理体制加算 
 ヘ 乳幼児加算・幼児加算
 ト 難病等特別入院診療加算(難病患者等入院診療加算に限る。)
 チ 地域加算
 リ 離島加算
 ヌ HIV感染者療養環境特別加算
 ル 二類感染症患者療養環境特別加算
 ヲ 小児療養環境特別加算
 ワ 栄養管理実施加算
 カ 医療安全対策加算
 ヨ 褥瘡患者管理加算
 タ ハイリスク妊娠管理加算
 レ 後期高齢者外来患者緊急入院診療加算
 ソ 後期高齢者総合評価加算
 ツ 後期高齢者退院調整加算


(1) 有床診療所入院基本料は、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た診療所(療養病床に係るものを除く。)に入院している患者について、有床診療所入院基本料1等の各区分の所定点数を算定する。

(2) 有床診療所入院基本料に係る入院期間の起算日は、第2部通則5に定める起算日とする。

(3) 有床診療所入院基本料を算定する診療所であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た診療所において、夜間に医師を配置している、又は近隣の保険医療機関が連携して入院患者の急変に備えて夜間の緊急診療体制を確保した場合について、その体制を入院患者に対して文書で説明し、夜間に緊急対応できる医師名を院内に掲示している場合に、「注2」に掲げる加算を算定することができる。
(4) 有床診療所入院基本料1を算定する診療所であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た診療所において、療養病床の有無に関わらず、当該診療所に勤務する医師が2人以上の場合に、「注3」に掲げる加算を算定することができる。

(5) 有床診療所入院基本料1を算定する診療所であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た診療所において、各区分に応じて「注4」のイ~ニに掲げる加算を算定することができる。

(6) 有床診療所入院基本料を算定する診療所については、「注5」に掲げる入院基本料等加算について、それぞれの算定要件を満たす場合に算定できる。

0 件のコメント: