第2部入院料等-第1節入院基本料-A102結核病棟入院基本料(1日につき)

1 7対1入院基本料
1,447点

2 10対1入院基本料
1,192点

3 13対1入院基本料
949点

4 15対1入院基本料
886点

5 18対1入院基本料
757点

6 20対1入院基本料
713点

注1 病院(特定機能病院(医療法第4条の2第1項に規定する特定機能病院をいう。以下この表において同じ。)を除く。)の結核病棟(同法第7条第2項第3号に規定する結核病床に係る病棟として地方社会保険事務局長に届出のあったものをいう。以下この表において同じ。)であって、看護配置、看護師比率、平均在院日数その他の事項につき別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして保険医療機関が地方社会保険事務局長に届け出た病棟に入院している患者(第3節の特定入院料を算定する患者を除く。)について、当該基準に係る区分に従い、それぞれ所定点数を算定する。ただし、本文に規定する7対1入院基本料に係る別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た病棟であって、別に厚生労働大臣が定める基準を満たすことができない病棟については、本文の規定にかかわらず、当該病棟に入院している患者(第3節の特定入院料を算定する患者を除く。)について、準7対1入院基本料として、1,387点(別に厚生労働大臣が定める地域に所在する保険医療機関の病棟である場合には、1,417点)を算定する。なお、通則第6号に規定する保険医療機関の病棟については、この限りでない。

2 注1本文及びただし書に規定する病棟以外の結核病棟については、当分の間、地方社会保険事務局長に届け出た場合に限り、当該病棟に入院している患者(第3節の特定入院料を算定する患者を除く。)について、特別入院基本料として、550点を算定できる。

3 注1及び注2の規定にかかわらず、13対1入院基本料を届け出た病棟に入院している患者であって、別に厚生労働大臣が定める患者については、特別入院基本料を算定する。

4 当該病棟の入院患者の入院期間に応じ、次に掲げる点数をそれぞれ1日につき所定点数に加算する。
 イ 14日以内の期間400点(特別入院基本料については、320点)
 ロ 15日以上30日以内の期間300点(特別入院基本料については、240点)
 ハ 31日以上90日以内の期間100点

5 当該病棟においては、第2節の各区分に掲げる入院基本料等加算のうち、次に掲げる加算について、同節に規定する算定要件を満たす場合に算定できる。
 イ 地域医療支援病院入院診療加算
 ロ 臨床研修病院入院診療加算
 ハ 救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算
 ニ 妊産婦緊急搬送入院加算
 ホ 在宅患者緊急入院診療加算
 ヘ 診療録管理体制加算
 ト 乳幼児加算・幼児加算
 チ 難病等特別入院診療加算(難病患者等入院診療加算に限る。)
 リ 超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算(いずれも高齢者医療確保法の規定による療養の給付を提供する場合を除く。)
 ヌ 看護配置加算
 ル 看護補助加算
 ヲ 地域加算
 ワ 離島加算
 カ 療養環境加算
 ヨ HIV感染者療養環境特別加算
 タ 二類感染症患者療養環境特別加算
 レ 栄養管理実施加算
 ソ 医療安全対策加算
 ツ 褥瘡患者管理加算
 ネ 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
 ナ ハイリスク妊娠管理加算
 ラ 退院調整加算
 ム 後期高齢者外来患者緊急入院診療加算
 ウ 後期高齢者総合評価加算


(1) 結核病棟入院基本料は、「注1」の入院基本料及び「注2」の特別入院基本料から構成され、「注1」の入院基本料については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出た結核病棟に入院している患者について、7対1入院基本料等の各区分の所定点数を算定し、「注2」の特別入院基本料については、届け出た結核病棟に入院している患者について算定する。

(2) 「注3」において13対1入院基本料を算定する患者は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)」第19条、第20条及び第22条の規定、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における結核患者の入退院及び就業制限の取扱いについて(平成19年9月7日健感発第0907001号)」に基づき入退院が行われている結核患者であり、これらの基準に従い退院させることができる患者については、退院させることができることが確定した日以降は「注2」の特別入院基本料を
算定する。
 なお、次の全てを満たした場合には、退院させることができることが確定したものとして取り扱うものであること。
 ア 2週間以上の標準的化学療法が実施され、咳、発熱、痰等の臨床症状が消失している。
 イ 2週間以上の標準的化学療法を実施した後の異なった日の喀痰の塗抹検査又は培養検査の結果が連続して3回陰性である。(3回の検査は、原則として塗抹検査を行うものとし、アによる臨床症状消失後にあっては、速やかに連日検査を実施すること。)
 ウ 患者が治療の継続及び感染拡大の防止の重要性を理解し、かつ、退院後の治療の継続及び他者への感染の防止が可能であると確認できている。

(3) (2)にかかわらず、カリエス、リンパ節結核などのこれらの基準に従うことができない結核患者については、当該患者の診療を担当する保険医の適切な判断により入退院が行われるものである。

(4) 「注4」の加算に係る入院期間の起算日は、第2部通則5に定める起算日とする。

(5) 当該保険医療機関において複数の結核病棟がある場合には、当該病棟全てについて同じ区分の結核病棟入院基本料を算定するものとする。

(6) 結核病棟入院基本料を算定する病棟については、「注5」に掲げる入院基本料等加算について、それぞれの算定要件を満たす場合に算定できる。

0 件のコメント: