第2部在宅医療-第2節在宅療養指導管理料-第1款在宅療養指導管理料-C102―2在宅血液透析指導管理料

3,800点

注 在宅血液透析を行っている入院中の患者以外の患者に対して、在宅血液透析に関する指導管理を行った場合に算定するものとし、頻回に指導管理を行う必要がある場合は、同一月内の2回目以降につき2,000点を月2回に限り算定する。ただし、当該指導管理料を最初に算定した日から起算して2月までの間は、2,000点を月4回に限り算定する。


(1) 在宅血液透析とは、維持血液透析を必要とし、かつ、安定した病状にあるものについて、在宅において実施する血液透析療法をいう。

(2) 導入時に頻回の指導を行う必要がある場合とは、当該患者が初めて在宅血液透析を行う場合であり、保険医療機関の変更によるものは含まれない。

(3) 在宅血液透析指導管理を実施する保険医療機関は次の設備又は器具を備えなければならない。
 ア 病床
 イ 専用透析室及び人工腎臓装置

(4) 「注」の「頻回に指導管理を行う必要がある場合」とは、次のような患者について指導管理を行う場合をいう。
 ア 在宅血液透析の導入期にあるもの
 イ 合併症の管理が必要なもの
 ウ その他医師が特に必要と認めるもの

(5) 在宅血液透析指導管理料を算定している患者が、当該施設に赴いて人工腎臓を実施した場合には、区分番号「J038」人工腎臓は別に算定できない。ただし、薬剤料又は特定保険医療材料料は別に算定できる。

0 件のコメント: