第12部放射線治療-放射線治療料-M001体外照射

1 エックス線表在治療
イ 1回目 110点
ロ 2回目  33点

2 コバルト60遠隔大量照射
イ 1回目 500点
ロ 2回目 150点

3 高エネルギー放射線治療
イ 1回目
(1)1門照射又は対向2門照射を行った場合
 930点
(2)非対向2門照射又は3門照射を行った場合
 1,240点
(3)4門以上の照射、運動照射又は原体照射を行った場合
 1,580点
ロ 2回目
(1)1門照射又は対向2門照射を行った場合
 310点
(2)非対向2門照射又は3門照射を行った場合
 410点
(3)4門以上の照射、運動照射又は原体照射を行った場合
 520点

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関以外の保険医療機関において行われる場合は、所定点数の100分の70に相当する点数により算定する。 

4 強度変調放射線治療(IMRT)
イ 1回目 3,000点
ロ 2回目 1,000点

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関において、別に厚生労働大臣が定める患者に対して、放射線治療を実施した場合に算定する。     

注1 疾病、部位又は部位数にかかわらず、1回につき算定する。

2 術中照射療法を行った場合は、患者1人につき1日に限り、所定点数に3,000点を加算する。     

3 体外照射用固定器具を使用した場合は、所定点数に1,000点を加算する。


(1)体外照射の具体的な定義は次のとおりである。
ア エックス線表在治療とは、管電圧10万ボルト未満による照射療法をいう。
イ コバルト60遠隔大量照射とは、大量のコバルト60線源のガンマ線を使用した固定コバルト装置以外のコバルト装置による遠隔照射療法をいう。
ウ 高エネルギー放射線治療とは、100万電子ボルト以上のエックス線又は電子線の応用で、直線加速装置又はマイクロトロン治療装置使用による照射療法をいう。
エ 強度変調放射線治療(IMRT)とは、多分割絞り(マルチリーフコリメータ)などを用いて、空間的又は時間的な放射線強度の調整を同一部位に対する2方向以上の照射について行うことで、三次元での線量分布を最適なものとする照射療法をいう。

(2)体外照射の治療料は、疾病の種類、部位の違い、部位数、同一患部に対する照射方法にかかわらず、1回につき所定点数を算定する。また、2方向以上の照射であっても当該所定点数のみにより算定する。

(3)1日に複数部位の照射を行う場合においては、1回目とは異なる部位に係る2回目の照射に限り、ロの所定点数を算定する。1日に同一部位に対する複数回の照射を行う場合は、1回目の照射と2回目の照射の間隔が2時間を超える場合に限り、イの所定点数を1日に2回分算定できる。

(4)「注3」の体外照射用固定器具加算は、頭頸部腫瘍(頭蓋内腫瘍を含む。)に対して体外照射を行う際に頭頸部を精密に固定する器具を使用した場合に限り、患者1人につき1回に限り算定できる。

0 件のコメント: