第11部麻酔-第1節麻酔料-L001-2静脈麻酔

1 短時間のもの
120点

2 十分な体制で行われる長時間のもの
600点


(1)静脈麻酔とは、静脈注射用麻酔剤を用いた全身麻酔であり、意識消失を伴うものをいう。

(2)「1」は、静脈麻酔の実施下、検査、画像診断、処置又は手術が行われた場合であって、麻酔の実施時間が10分未満の場合に限りさんていする。

(3)「2」は静脈注射用麻酔剤を用いた全身麻酔を10分以上行った場合であって、区分番号「L008」マスク又は気管内挿入による閉鎖的循環式麻酔以外の静脈麻酔が行われた場合に算定する。ただし、安全の観点から、呼吸抑制等が起きた場合等には速やかにマスク又は気管内挿入による閉鎖循環式麻酔に移行できる十分な準備を行った上で、医療機器等を用いて十分な監視下で行わなければならない。

(4)静脈麻酔の実施時間は、静脈注射用麻酔剤を最初に投与した時間を開始時間とし、当該検査、画像診断、処置又は手術が終了した時間を終了時間とする。

0 件のコメント: